トラックをレンタルした方が良い場合とは?レンタルのメリット・デメリット

048-796-3116

営業時間09:00 ~ 19:00休業日土日祝日

お問合せ スタッフ
募集

トラックレンタカー

埼玉中古トラック【サイトラ】は、トラックを使う事業所様へトラックのレンタルを行っている会社です。
一般的なレンタカーは移動・レジャーなどを目的とした使い方が主流ですが、埼玉中古トラック【サイトラ】は基本的に事故や車検修理期間中の利用に使っていただいております。
しかも埼玉中古トラック【サイトラ】には大型トラック・大型ダンプ・パッカー車などの特殊車両のレンタルを行っています。
また、全国で大型冷凍車のレンタルを始めたのは埼玉中古トラック【サイトラ】が1番初めに行いました。
経験とノウハウのある当社をご利用ください。
損してはいけない!保険でレンタカーは借りられる!
よく耳にする言葉で大型トラックが事故にあい保険会社へレンタカーの手配をお願いしたら探してもどこにもないので貸すことができない上、休車損害も経費を差し引いた粗利分しか払えませんと言われたという。
理由としてはそもそも複数台を所有しているのであれば必ず遊休車があるだろうと勝手な持論を言ってくるそうですが、今の時代に遊休車などを持てるほど運輸業界は潤っていないわけです。
しっかりとした理由と必要性が認められれば必ず保険会社のほうで費用を持ってもらえるので根気よく交渉しましょう。

大型ウイングレンタカー

  • パレット積みに適しています
  • もちろんリアからの積み込みも可能です

大型ウイング車の特徴は積み荷を選ばずに利用できることです。
サイドからのフォークリフトを使った積み込みに適し、もちろんリアからの積み込みもできます。

2トンショートアルミバンレンタカー

  • 小さいボデーなので小回りもOKです
  • リアはシャッター扉子なっており、開閉もワンタッチ

2トンショートアルミバン車の特徴は、商用車のハイエースやキャラバンといったワンボックス車と全長があまり変わらず、小回りも利きます。 いろんなユーザー様から問い合わせをいただいております。

2トンワイドロングアルミバンレンタカー

  • 商用バンの約2倍の容積のある車両

2トンワイドロングアルミバン車の特徴は、商用バンのおよそ2倍の量を一度に運べるため、時間を大幅に短縮できます。

大型冷凍レンタカー

  • スタンバイ装置付きの冷凍車なので低知識簡易型大型冷凍庫にもなります。
  • もちろんジョルダー完備のため使いやすい車両です

大型冷凍車の特徴は定温管理を行いながらの輸送です。
当社の扱っている商品は+25度~-30度設定が可能で食品全般、アイスクリームや冷凍食品を鮮度維持したままお客様へお届けできる仕様となっています。 ジョロダー・パワーゲートも装備していますので、パレット積み・カゴ台車積みも可能です。

4tアームロールレンタカー

アームロール車は荷台が取り外しできる車両です。本来なら積み込み完了まで待機していなければならない筈なのに、荷台を切り離すことで別の積み込み先への移動が行えます。 そのため、時間を有効に使って効率よく業務をこなすことができます。

大型冷蔵冷凍ウィング

冷凍ウィング車はパレットごと商品を積み込めるだけでなく、商品の温度も維持しながら輸送することもでき、長距離輸送の帰りの荷物も選ぶことなく積載することが出来ます。 また、ジョロダーも装備されているため、ドックシェルターにてリアより商品を積み込むこともできます。

大型・高床冷蔵庫

低温・格納ゲート・ジョロダーが装備されていますので、輸送品目を選ぶことなくご利用いただけます。
パレット・カゴ台車輸送に最適です。

大型ダンプ

急な修理や点検、交通事故などの時にぜひともご利用ください。 コボレーン付きなので、使い勝手抜群です。
※長期レンタルも可能です。

10tダンプレンタカー

10tダンプ車は建築現場において主役的な役割を担う車両です。
10tダンプのご利用をされる方の大半が自家用車の車検・修理などの合間に利用されることがほとんどですが、中には、もらい事故にあい仕事ができなくなってしまった時の長期レンタカーにてお使いいただく方が大半です。
繁忙期(年末・年度末)などは予約が殺到しますのでお早目のご予約をお勧めいたします。

豊富な種類からピッタリのトラックがレンタル出来ます!

引っ越しや大きな荷物を運びたい時、運送会社に頼まず自分で運べたら低コストでしかもマイペースに作業が進められて一石二鳥ですよね。
しかしトラックのレンタルは乗用車とは違って、幾つか注意しなくてはいけません。
例えば、走行距離が長い場合は、思った以上にガソリン代が高くついたり、AT車限定免許では乗れなかったリ、トラックを日頃から運転していない人には運転操作が複雑だったりすることがあります。
トラックのレンタルなら、やはりトラック専門で扱っている業者からレンタルするのがおすすめです。
トラックの運転は普段乗用車を運転している人には運転しにくい車種ですし、うっかり運転操作が複雑なトラックをレンタルした場合、思わぬ事故になりかねません。
トラック専門でレンタルしている業者であれば用途に合わせてどのタイプのトラックがおすすめか相談にも乗って貰えますので、トラックのレンタルならぜひ、トラック専門で扱っている業者から借りることをおすすめします。

レンタルトラックは無駄な費用が削減できます。

かつてはトラックの運送業者といえばトラックを自社で購入するのが当たり前でしたが、最近は業界全体を取り巻く環境も大きく変わったせいか、トラックはレンタルで済ませてしまうという業者も増えてきています。
頻繁にトラックを使用する会社でさえ、リスク回避・軽減のために全てレンタルトラックです、なんてところもあるくらいですから、普段あまりトラックを使用しない企業にとってみれば、トラックを会社で一台購入するよりレンタルの方が、経費削減や無駄な手間を省くことが出来ます。
また配送業務が多い会社であっても、トラックの使用時期にムラがある場合には繁忙期に必要な台数だけレンタルすれば、保有するよりも大幅にコスト削減になります。
また、レンタカーは一般の車両と違い、3カ月ごと(一部6カ月)に点検が義務付けられているため、 常に点検の行き届いたトラックを安心してご利用いただくことが出来るのも利点です。

面倒な事務手続きは不要です!

トラックの運送業界では、近年仕事に使用する車両を自社で購入するのではなく、業者からレンタルをすることによって済ませるケースが増加しています。
このような契約をリースと呼びます。レンタルトラックの魅力は何といってもコスト削減になりますが、他にも利点があります。例えばトラック購入の際に行う事務手続きもその一つです。
トラックを購入するのであれば、自動車検査書、車庫証明書、印鑑証明書、委任状、譲渡証明書など多くの書類が必要となります。
購入した際、一括で支払いを行えれば良いですかローンを組んで購入する際はその手続きも行わなければなりません。
もちろん売却や査定する際にも揃えなければならない書類もありますし、定期的なメンテナンスを行う際にも諸々の事務手続きが必要となってきます。
レンタルであれば当然所有者はレンタル業者になりますのでそういった事務手続きや管理が不要になるのです。

もちろんデメリット発生します。

レンタルトラックが主流になっている一方で、もちろんデメリットもあります。
レンタルの場合はメンテナンス等の事務的な作業が簡略化されているだけあり、月々の支払い料金が割高な設定になっているケースが多いのです。
短期的なレンタルの場合は問題ないのですが、10年など長い期間レンタルをする場合、レンタル料でトラックが1台購入できるほどの支出が発生します。
さらに1度契約を結ぶと途中で解約ができない場合がほとんどです。個人で購入した場合に適応されるクーリングオフなども適応の対象外なので、注意が必要です。
トラックをレンタルしてくれる業者の中には品質の悪い、運転操作が複雑なトラックばかりをレンタルする悪徳な業者も存在します。
無駄にお金を払わされるということにならないよう、契約する際は必ず複数の業者から見積もりをもらい、総額や月額など、契約の内容をしっかりと確認してから最も条件のよいところと契約をすることが重要です。

レンタルか購入かは、長期的な目線で考えて。

レンタルトラックは便利な一方で、やはりレンタルな分、運転手が所有していれば湧くはずの愛着が湧かなかったリ、長期間使用するとなると費用が高額になるなどデメリットも存在します。
しかし、ご紹介した様に購入までの事務手続きや必ず行わなければならないメンテナンスが不要になり、使用時期にムラがある場合は大幅な経費削減に繋がります。
比較的にトラックを良く使用するのであれば短期的に考えるより、長期的な目線で、購入とレンタル、どちらの方がより自社にとって有益になるかを考え判断するようにしましょう。

LINEを用いたトラック買取査定を行います

お気軽にお問合せください

電話受付時間: 9:00 ~ 19:00(月曜日 ~ 金曜日)

048-796-3116

お問合せはこちらから