トラックの格安販売をしております。埼玉で中古トラックをお探しなら埼玉中古トラック「サイトラ」

048-796-3116

 修理ご依頼の方はこちら 048-884-9300

営業時間09:00 ~ 19:00休業日土日祝日

お問合せ スタッフ
募集

トラックのボディ塗装の必要性とは?カーラッピングと塗装の違い

トラックのボディ塗装は、さまざまな目的で行われます。
単純に、トラックの見た目を良くしたい、他のトラックと差をつけたい、個性を出したいという理由で塗装を施すケースもあります。
また、事故やサビ、腐食によってできた傷を隠すために板金塗装を行うケースも多いです。
このほかにも、トラックにボディ塗装を行うことにはたくさんのメリットがあります。
塗装次第で、大切なトラックの寿命を延ばし、長く乗り続けることも可能なのです。
ここでは、トラックのボディ塗装の必要性や、カーラッピングとの違いなどをご紹介します。

トラックのボディ塗装を行う意味とは

トラックにボディ塗装を行う目的は人それぞれで、塗装を行う意味も異なります。
代表的なトラックボディの必要性を以下にまとめました。

・外観が美しく見える
・汚れやキズから車体を保護する
・汚れがつきにくく、洗車の手間が省ける
・車体の価値が上がる
・デザイン塗装で、求人、広告宣伝効果が得られる

1つずつ詳細を説明していきましょう。

外観が美しく見える

ボディ塗装を行うと、当然見た目は美しくトラックの見栄えがよくなります。
好みの色にすることで個性を出すこともできますし、会社であれば、テーマカラーに塗装して、統一性を測ることも可能です。
カラーも単色だけに限らず、ツートンカラーやパール塗装など、バリエーションが豊富にあるので、ニーズに合わせた外観へと作り上げることができます。
また、事故やサビ、腐食が原因でついた傷を元に戻したり、隠す方法としても有効です。

汚れやキズから車体を保護する

塗装を行うことによって、ボディの表面が保護されます。
そのため、直射日光による色あせや、雨風の影響によるダメージから車体を守る効果もあるのです。

汚れが付きにくく、洗車の手間が省ける

洗車によってワックスを塗り、つやを出すことは可能ですが、トラックは車体が大きいため、全体に塗るのにはかなりの時間がかかります。
また、ワックスの場合は1度塗っても短期間で落ちてしまう場合が多く、頻繁に行うのは負担です。
その点、コーティング加工のある塗装を行えば、ワックスを塗らずとも長期間つやのある美しい外観をキープすることが可能です。

車体の価値が上がる

トラックの価値は、内装、パーツ、装備など査定ポイントが多いため、車体、車種によって差がでやすいです。
しかし、外観はどの車種でも共通で必ず査定ポイントとして入ってきます。
美しく塗装を施されている車体は、価値も高くなりますので、後々中古として売却する際にも大きなメリットがあります。

デザイン塗装で、求人、広告宣伝効果が得られる

トラックのボディ塗装はニーズによってさまざまな付加価値があります。
遮熱塗装や耐熱塗装、コーティングの他、トラックの車体にペイントを施す、デザイン塗装の人気が高まっているんです。
車体に社名やロゴなどを直接塗装することで、トラックを見た人の印象に残すことができ、求人、広告宣伝効果アップが期待できます。

カーラッピングと塗装の違い

ひと昔前までは、車体の外観を変える方法は“塗装”が一般的でした。
しかし、現在は塗装のほかに「カーラッピング」という手段もあります。
一見どちらも、“車体の外観を美しくする”という意味では同じに思えますが、全くの別物です。それぞれにメリットとデメリットがあります。

塗装のメリット

車体を塗装する最大のメリットは、はがれにくく耐久性に優れている点です。
また、全項でもご説明しましたが、遮熱や断熱など、ニーズに合わせた付加価値があるという点も塗装の魅力と言えます。
さらに、塗装の場合は新車とほぼ変わらない仕上りにできるため、クオリティが高いという点も大きなメリットと言えるでしょう。

塗装のデメリット

塗装はクオリティが高い反面、仕上りに時間がかかるデメリットがあります。
塗装はすぐに行うのではなく、下地処理などさまざまな過程があり、質が高い分手間がかかるのがネックになります。

カーラッピングのメリット

カーラッピング最大のメリットは、貼って剥がせるという点です。
カーラッピングは塗装とは違い、車体にフィルムを張り付けるため、また外観を変えたい時は簡単にはがすことができます。
また、塗装と比べて費用も安いです。

カーラッピングのデメリット

カーラッピングは耐久性には欠けています。持っても2、3年程度で、その間に剥がれてしまうこともあります。
カーラッピングは、バスの広告車など、一定期間で剥がすことがきまっている場合に用いられることが多いため、トラックのボディプリントにはあまり向いているとは言えません。

トラック塗装は経験豊富な、埼玉中古トラックサイトラへ!

埼玉中古トラックサイトラでは、長年トラックの塗装を行ってきたベテランスタッフが5人在籍しています。
通常のボディ塗装はもちろん、板金塗装や、銀鏡、メッキ塗装にも定評があり、他のトラックとは差がつくようなハイクオリティを実現します!
トラックの塗装をお考えの方は、まずは一度埼玉中古トラックサイトラへご相談ください。

LINEを用いたトラック買取査定を行います

お気軽にお問合せください

電話受付時間: 9:00 ~ 19:00(月曜日 ~ 金曜日)

048-796-3116

お問合せはこちらから